SaaS比較サイト「ボクシルSaaS」を運営するスマートキャンプ株式会社は「BtoBプラットフォーム構想」を掲げた、人事向けサービス比較サイト「ボクシルHR」をリリースしました。

「BtoBプラットフォーム構想」の概要

スマートキャンプ株式会社は”Small Company, Big Business.”のビジョンを掲げ、 SaaS比較サイト「ボクシル」、テクノロジーと人をつなぐビジネスメディア「Beyond(ビヨンド)」を運営。2019年3月末までに月間1,200万PV超、約10万人の会員に利用されるビジネスプラットフォームとなりました。

これまではSaaS領域に特化していましたが、今後は 「ボクシル」の運営を通じて培ったノウハウやビジネスパーソンを中心としたユーザー基盤を活用し、「BtoBプラットフォーム構想」を掲げてSaaS以外のBtoB領域における比較・ビジネスマッチングまで実現するプラットフォームとしてさらなる価値の向上に努めるとしています。

HRサービス提供企業のマーケティング支援も

BtoBプラットフォーム「ボクシル」は、BtoBサービスの導入を検討している「ユーザー」と「ベンダー」のビジネスマッチングサービスです。ユーザーはベンダーが掲載している資料を閲覧して、自社の課題解決にマッチすると感じたサービス資料をダウンロードができます。

また、ベンダーは自社のサービスに興味のある見込み顧客を獲得でき営業活動を効率化させる事が可能です。タイアップ広告、バナー広告、リターゲティング広告、オウンドメディア構築支援など、ブランディングからマーケティングまで幅広く用意されています。

「ボクシル」の運営を通じて培ったコンテンツマーケティングのノウハウや、ビジネスパーソンを中心としたユーザー基盤を活用した「BtoBプラットフォーム構想」を掲げ、BtoB領域における比較・ビジネスマッチングまで実現するプラットフォームを目指すとしています。

「 ボクシルHR 」リリースの背景とサービス概要

労働人口の減少に伴い優秀な人材の価値はますます高まっており、採用、育成、エンゲージメント向上などを支援するHRサービスの需要・種類が増加し、AIをはじめとしたテクノロジー活用や働き方改革など、人事領域における急速な変化によって人事担当者が取得する情報量は膨大になり、自社に必要なHRサービスの検索・比較が難しくなっています。

そんな中、BtoBプラットフォーム「ボクシル」ではすでに勤怠管理システム、労務管理システム、採用管理システムなどのHR領域におけるSaaSの情報提供を行っており、また会員の中には人事担当者も多く含まれます。

そこで「BtoBプラットフォーム構想」の第2弾として「ボクシルHR」をリリース。人事担当者向けサービスの情報提供を強化し、人事担当者のさらなる支援に努めるとしています。

「ボクシルHR」では、 サービスページ、記事、イベント・セミナーを通じて、HR領域におけるトレンド、具体的なノウハウ、ソリューションに関する情報収集が可能になります。