ヤフー株式会社は、2019年6月3日からYahoo! JAPAN広告掲載の判断基準を変更することを発表しました。ユーザー保護および広告掲載面の品質向上を目的としています。

今回の変更で、一部のサイトを除きユーザーにとって有用性の低い「アービトラージサイト」や、アフィリエイトサイトに代表される成果報酬型サイトは、「広告のクリック等をさせることを主目的としてるようなもの」に該当するサイトと同等と判断されるようになります。

これにより、上記サイトは「広告のクリック等をさせることを主目的としているもの」に該当サイトとし、掲載ができなくなります。

Advertising

今後、該当するサイトと判断されたものについては、6月3日以降、順次掲載を停止するとしており、コンテンツを修正するなどしても広告が掲載されることはないとしています。掲載可能な一部サイトはヤフーが判断したサイトとしています。