MediaMath、業界初となるプログラマティックビデオのコンテキスト広告ターゲティングソリューションを提供開始

マーケター向けの独立系プログラマティックベンダー、 MediaMathは、IRIS.TVと提携し業界で初めてプログラマティックビデオ向けのバイサイドビデオコンテンツターゲティングソリューションの提供を開始すると発表しました。

新ソリューションの概要

このソリューションにより広告主や広告代理店は、バイサイドビデオコンテンツターゲティングソリューションにより、ユーザーが視聴中の動画のコンテキストに基づいたターゲティングができるため、訴求したい内容と関連性があるビデオを見ているユーザーに直接リーチできます。さらに、関連付けたくないコンテンツのタイプを選択することもでき、全体的なターゲティングコントロールやブランドセーフティを高め、ユーザーの保護を強化することが可能です。

このソリューションの主な特徴は、下記の3点があります。

■ビデオインフラストラクチャアグノスティック
パブリッシャーの任意のCMSでホストされているビデオコンテンツ、任意のビデオプレイヤーを介してストリーミングされたビデオサプライへアクセスすることができます。

■ビデオコンテキストターゲティング
動画広告をリアルタイム視聴者に合わせてターゲッティングし、広告を関連コンテンツに隣接して配置します。

■クロススクリーンバイイング機能
デスクトップ、モバイルウェブ、OTTの各種デバイス上でブランドマーケティングのあらゆる側面を最適化します。

提携先のIRIS.TVは、パブリッシャーコンテンツ管理システム(CMS)と主要なビデオプレイヤーの密接なインテグレーションを行っており、ビデオインベントリのコンテキストデータを提供しています。IRIS.TVがビデオインベントリのコンテクスチュアルデータをアクティベーションすることで、アドサーバーにプレイバック環境にあるビデオのコンテキストデータを送り、MediaMathを使用するマーケターは適切で関連性のあるコンテンツにリーチできるようになります。

MediaMat、IRIS.TV代表のコメント

MediaMathでアドバンスドTV &ビデオを担当しているバイスプレジデント、Mike Fisherは次のように述べています。「弊社の新しいソリューションにより、パブリッシャーや広告主は、複数のプラットフォーム上でプレミアムコンテンツと関連性のあるビデオ広告をリアルタイムに結びつけ、ビデオ視聴者の体験を改善することができます。また、パブリッシャーはより魅力的で価値のあるオーディエンスを確保できるようになり、広告主はメッセージのターゲティングとコントロールをさらに高めることができるでしょう。」

また。IRIS.TVの共同創設者兼最高執行責任者のRichie Hyden氏は次のように述べています。「マーケターや広告主は、オーディエンスが視聴しているコンテンツに見合ったデジタル動画広告を配信する能力を必要としています。MediaMathと協力し、パブリッシャーのお客様と共同で、業界を牽引するソリューションを提供し、ビデオオーディエンスの規模と価値を増大できることをとても嬉しく思っています。」

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger