ペットメディアを運営するrakanu」は、2019年7月1日付でアドプラットフォーム事業、ポイントメディア事業などを行うVOYAGE GROUPの同社全株式取得による完全子会社化を発表しました。

2014年に設立されたrakanuは、デジタルマーケティング支援事業を基盤とし、犬種に特化したペットメディア「FRENCH BULLDOG LIFE」を2016年に開始。その後、「SHIBA-INU LIFE」や「Retriever Life」といった他犬種への横展開を進め、規模を拡大しました。

現在では、十数年に及びペットの取材を行ってきた飼育経験のあるメンバーを中心に活動しており、「正確で専門的な活きた情報」「各個体(犬種)にあった密な情報」を各専門分野のプロフェッショナルが発信しています。また、各種保護団体やNPOとも連携し、少しでも悲しい思いをするペットを減らすことに貢献していくとしています。

同社は今後も、現運営体制を基盤に活動していくとのこと。さらに、VOYAGE GROUPが展開しているメディア企画・運営を中心としたコンシューマー事業のノウハウを融合し、一層の競争力強化と付加価値向上の実現による事業拡大及び顧客満足度の向上を目指していくとしています。

■rakanu株式会社について

設立:2014年12月11日
資本金:1百万円
代表取締役:山下 悟郎
取締役:湯川 健太
事業内容:ペットメディア事業及びデジタルマーケティング支援事業

株式会社VOYAGE GROUP

設立:1999年10月8日
資本金:10億7,300万円(2018年9月末時点)
代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
事業内容:アドプラットフォーム事業/ポイントメディア事業/インキュベーション事業