fbpx

ブラウザ型ARサービス「raton」がファッション雑誌「MAU」にて実用開始

インフォテックス株式会社が発表した、専用アプリを必要としないブラウザ型ARサービス「raton(ラトン)」が、ブラウザ型マーカーレスARとして日本で初めて導入・実用されました。(日本発導入については、インフォテックス調べ)

「raton(ラトン)」の特徴

「raton」は、専用アプリを使用しないブラウザ型ARをなっており、ブラウザ上で起動したカメラでマーカーを読み取ることによりARコンテンツを再生。アプリは必要なく、QRコードから簡単に起動できます。

ブラウザ型として、国内最高水準の認識率を実現したマーカーレスARです。マーカータイプのARだけでなく、マーカーレスARも高い認識率で実現しています。既存の写真やポスターなどのデザインに制限を付けることなく、ARコンテンツの再生が可能となります。

ファッション雑誌「MAU(マウ)」に導入

今回「raton」が導入されたのは10月31日に創刊されるファッション雑誌「MAU(マウ)」です。この導入により、MAUは、既存雑誌にはなかった紙面から購入までできるシームレスな体験を実現。ブラウザ上で起動したカメラでマーカーを読み取るだけで、ARコンテンツを再生します。

「raton」は標準カメラでQUコードを読み込むだけで利用できるため、専用アプリなどのダウンロードは必要ありません。これまでコスト・デザイン・ユーザビリティによって不可能だった、紙からWebのシームレスな体験を提供します。

2020年4月発売のVol.1号からは、紙面からスナップやコーディネートの購入が可能に。気になるコーディネートを見つけたら、QRコードからARカメラを起動。気になるコーディネートやアイテム、場所にかざすと「ブランド名」「商品名」「金額」が表示され、購入ページまで遷移が可能です。

  • 関連タグ
  • AR
2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事