住友商事株式会社の100%子会社であるSCデジタルメディア株式会社は、キッズやファミリー向けに特化したクリエイターのためのコミュニティーサービス「Hapiton!」を2019年12月20日より提供開始します。

「Hapiton!」には国内では最大級のYouTubeチャンネル「キッズライン♡Kids Line」を含む、約50のクリエイターが所属しており、総チャンネル登録者数は約3700万人となる国内最大級のコミュニティーです。

「Hapiton!」の提供開始の背景・目指すもの

現在、世界中でYouTubeの再生回数は増え続けています。国内においてなりたい職業でも「ユーチューバー」が選ばれるなど、メディアとしての成長は顕著です。一方で、YouTubeを取り巻く環境の問題も発生、スマートフォンの普及により、子どもへのYouTubeの悪影響も懸念されています。

SCデジタルメディアでは、子供たちが安全に楽しめるようなコンテンツを提供、Happy Smile Dream事業では、家族の笑顔が増えることを目指しています。

今回提供開始した「Hapiton!」も、その一環で、SCデジタルメディアオリジナルの3Dアニメ「HAPPY SMILE DREAM」に登場する”幸せになれる石=ハッピーストーン”を意味します。

今後は、キッズやファミリー向けのコンテンツを産み出すクリエイターへのサポートを通じて、「子どもたちが主体となって、楽しく笑顔あふれる毎日を過ごせるより良い社会の実現」を目指していきます。

「Hapiton!」の主な提供サービス

「Hapiton!」に所属するクリエイターには、次の4つの主なサービスを提供します。

  1. 視聴者(ファン)基点での商品共同開発
  2. ファンとの交流機会の創出
  3. 最新情報の共有と知識・スキル習得機会の提供
  4. 企業や団体とのマッチング

また、キッズとファミリー受けの大型イベントやクリエイターとの商品開発、社会貢献の取り組みも行っていく予定です。