「TikTok Ads」で効果を出す4つのポイントが明らかに

TikTok Adsは、広告認知、ブランド認知、購入・利用意向などを測定したブランドリフト調査を実施し、この調査の結果をもとに、効果的なTikTok広告を生み出す4つのポイントを公開しました。

  • 縦型全画面の活用

TikTokの特徴でもある「縦型全画面」を活用することで、広告効果を最大化することができます。広告接触者と広告非接触者を比較した今回の調査では、広告認知、購入・利用意向の双方で、縦型全画面広告が横型画面広告の数字を大きく上回る結果となりました。

2,効果的なキャスティング

TV等で活躍するタレントやTikTokインフルエンサーを活用することで、より広告効果を高めることが可能になります。特にTikTokインフルエンサーを活用した場合、広告認知率、ブランド認知、購入・利用傾向などの面で特に広告効果が高まっています。

3,目的に合わせた商品紹介のタイミング

動画の冒頭で商品・サービスを紹介することで、購入・利用効果を上げることが可能になります。特に、動画の冒頭3秒以内に商品・サービスを購入した場合、3秒以内に紹介がない場合と比べて広告効果が非常に高いものになっています。

一方、広告認知・ブランド認知においては、冒頭3秒位以内に商品等の紹介がないほうが高い数値になっています。各動画広告の目的に応じて商品・サービス紹介のタイミングを決めることで、より広告効果を高めることが可能になります。

4,テンポの速い曲を活用する

広告においてBPM120以上の曲を活用することで、BPM120以下の曲を使用した場合と比較して3秒再生率、10秒再生率、再生完了率のいずれにおいても高くなることが確認されました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事