fbpx

NewsDigest、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

報道ベンチャーの株式会社JX通信社が、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始しました。

本マップは、企業や自治体等により感染事例が報告されたピンポイントな場所の情報を地図上に集約・整理したもので、同社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページにて無料で利用することができます。

NewsDigestアプリ内で、感染事例が報告された場所を地図で確認できます(画像は一部加工しています)

プライバシーに配慮しながら情報を集約

NewsDigestアプリ内では「新型肺炎」特設タブにある「新型コロナウイルス感染状況マップ」のページより「感染事例が報告された場所の情報」のマップを開くことで、ユーザーが居住する地域や勤務先の周辺における、感染事例が報告された場所(施設)の情報をチェックすることが可能です。本機能に関連してユーザーの位置情報を使用することはなく、プライバシーに配慮した仕組みとなっています。

デマや風評被害の防止も

感染事例報告施設の情報は自治体や企業から発表されている重要な情報であるため、公益の観点から集約・整理されていますが、無用な風評被害等を防ぐため、消毒済みなどの対応が明らかになっている場所についてはその旨も明記されています。

同社は、国内でいち早く国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開しています。今後も新型コロナウイルス感染症の状況を24時間体制で監視し、テクノロジーを通じて未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見と感染拡大のペース抑制に貢献していくとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,133フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

関連記事