fbpx

Facebook、ニュースフィード上の記事で透明性を重視するアルゴリズムに

Facebookは、ユーザーのニュースフィード上に表示されるニュース記事の優先順位について新たな基準を設けたと発表しました。

Facebook上でシェアされるオリジナル記事は、調査レポートの作成や、危機に際して最新情報の共有など、世界中の人々に情報を提供する上で重要な役割を果たしています。Facebookではこのような重要な情報がニュースフィード上で優先的に表示されるように改善していくと発表しました。

特定の話題に関する記事のグループを調査し、頻繁に引用されている記事を特定。話題になっているストーリーやトピックに関するオリジナルの記事として、ニュースフィード内の記事に優先順位をつけるとのことです。

さらに、記事の透明性も重視すると発表。今後、ニュースサイト上にて記者や編集者の名前が記載されているかを確認しテイクとしています。同社の調査によると、これらの情報を記載していないパブリッシャーは、読者に対する信頼性を欠いていることが多く、過度に読者をあおるコンテンツを作成していることが分かりました。

編集の透明性に関しては、Global Forum for Media Developmentなど様々な専門家と協議の上で基準を作成。一部の分野では、透明性がジャーナリストを危険にさらす事も認識したうえで、新しい基準を適応させていくとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

雑誌を買収して巨大化する米Pocket Outdoor Media、セコイアから調達して新たな買収

雑誌やテレビなど約40のブランドを展開する、米国...

お知らせ

関連記事