fbpx

書籍要約サービスの「フライヤー」、中部地方書店大手の三洋堂書店とビジネス書の販促で提携

書籍の要約文をアプリで配信する、ITベンチャー株式会社フライヤーは、中部地方を中心に76店を運営する株式会社三洋堂書店とビジネス書の販促での提携を発表しました。フライヤーが中部エリアの書店チェーンと書籍の販促で組むのは初めてです。

提携では、両社共同のフェア専用棚を各店に開設し、来店者が、本に付けられたPOPのQRコードを手持ちのスマートフォンで読み取ると、各書籍の要約を「立ち読み」できる新たな施策を行います。本の大枠をつかめるようにすることで、来店者の興味を引き、購買意欲を高める狙いで、両社では、フェア取り扱い書籍の売り上げを、店舗平均で前月比1.4倍に引き上げる目標を掲げています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Clubhouse、Android版ベータテストを米国で開始

現地時間5月9日、音声配信SNS「Clubhou...

オフィス復帰かリモート継続か、悩むメディア経営者【Media Innovation Newsletter】5/9号

「私達の労働を評価しないことは、大きなリスクがあると理解してもらたいと考えています。CEOのキャリー・メリルが公に、私達の生活を脅かした事に強く失望しています。抗議のため、私達は今日の記事公開を取り止めます」

ツイッター、「世界報道自由デー」でローカルジャーナリズムを支援するキャンペーン

5月3日は、「一般市民が報道から正しい権利を得る...

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事