fbpx

セイノーHDのココネットがリビングプロシードをグループ化…ラストワンマイルの宅配にフリーペーパーの配達網を活用

セイノーホールディングス株式会社のグループ会社・ココネット株式会社がぱどの子会社であった、株式会社リビングプロシードを約6.7億円で買収したと発表しました。

セイノーホールディングス株式会社は、大手運輸企業西濃運輸グループの持株会社で、グループ会社であるココネットでは買い物弱者に対する支援事業を手掛けています。

セイノーホールディングスは、LOCCOを通じて、業界初「幹線+ギグワーク」による置き配サービス「OCCO」の提供を2020年8月より開始。これは、セイノーグループが持つ輸送ネットワークと、必要な時に必要な分だけ働くギグワーカーを組み合わせるという、これまでにないコンセプトをもとにしたサービスで、従来と比較して革新的な価格で、荷物を確実にお届けすることが可能となります。

リビングプロシードはこれまで40年以上にわたり、フリーペーパーの配布によるプロモーションを専業としてきました。

今回のリビングプロシードのグループ化は、全国に展開するLCC宅配ネットワークへと強化することを目的としており、同社が保有する約10,000名の配達員=ギグワーカーのネットワークを活用し、ラストワンマイルのオープン・パブリック・プラットフォームの構築を加速していくとしています。

リビングプロシードの2020年3月期の売上高は68億2600万円、営業損失200万円、経常利益200万円となっています(基本合意時の開示)。

【株式会社リビングプロシード 概要】
株式会社リビングプロシード
所在地 :東京都港区六本木6-8-10 ステップ六本木5F
代表者 :取締役社長 小泉一郎
設立  :1977年 6月10日
資本金 :100,000,000円
事業内容:プロモーション及びコミュニケーション活動に関わるマーケティング活動全般

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事