fbpx

ニューズ・コーポレーション、米出版ビッグ5の一社Simon&Schusterの買収に名乗り

ニューズ・ コーポレーションが、米出版大手Simon&Schusterの買収に名乗りを上げたと、ニューヨークタイムズが報道しています。同社は、すでにHarperCollinsを傘下に収めており、買収が成功すれば5大出版社のうち2社をグループ化することになります。Penguin Random Houseとともに、米国出版界を“ビッグ2”が支配する時代が訪れるかもしれません。

Simon&Schusterは、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」やデール・カーネギーの「人を動かす方法」など、有名ベストセラーを多く出版してきた大手出版社です。

しかし、一時期業績不振に陥る中で2006年に米大手放送網CBSの傘下に入りました。そして、2019年にCBSが通信大手Viacomと合併後は、ViacomCBSグループの出版社として存続してきました。

そんな中、2020年3月にViacomCBSグループがその売却の方針を明らかにし、成り行きが注目されていました。

ニューヨークタイムズによると、ニューズ・コーポレーションのほかに、Penguin Random Houseなどが入札に参加しており、オファーの1つは17億ドルを上回る金額だといいます。

この動向について、翌日になって英フィナンシャルタイムズも報道しています。これによるとSimon&SchusterをPenguin Random Houseが買収した場合、書籍市場の約3分の1、ハードカバーフィクション市場の5割のシェアを持つ強烈な支配力を持つ出版社になるとのことです。いずれにしても、米国書籍市場のさらなる寡占化は避けられないものとみられます。

メアリー・トランプの「世界で最も危険な男」( 原題「Too Much and Never Enough」日本では小学館刊)7月の発売後、わずか1週間で135万部を販売する大ベストセラーになったが、これもSimon&Schusterの書籍。2020年はベストセラーを連発し、業績も絶好調

なお、2020年のSimon&Schusterは、メアリー・トランプの「世界で最も危険な男」を出版するなどベストセラーを連発しているところです。新型コロナ禍の中で業績を大きく伸ばしていて、米国の出版業界メディアPublisherWeeklyによると、2020年第3四半期の売上は、昨年同期比28.6%の増の2億7900万ドル。EBITDA(減価償却前調整後営業利益)は5800万ドルでした。

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,126フォロワーフォロー

最新ニュース

朝日新聞社の2Q業績、約92億円の営業赤字…渡辺社長が4月で退任へ

朝日新聞社が30日発表した2021年3月期の第2...

プラットフォームや編集力から考える…「メディアのイノベーションを生む50の法則」(#17)

メディアでイノベーションを実現するためにはどうし...

Twitter、Facebook、Instagram…三大SNSの特性と支持を得た理由

本記事は株式会社電通が提供している、広告業界の最...

英国のパブリッシャーFuture、価格比較サイトのGoCoを約6億ポンドで買収

英国のパブリッシャーであるFuture plcは...

お知らせ

会員限定記事

堀 鉄彦
堀 鉄彦
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 日経イベント、日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌編集を経験後、独立し、2018年4月に(株)ブロックチェーンハブに参画。グループ内に(株)コンテンツジャパンを立ち上げる。ブロックチェーン×コンテンツのプロジェクトに取り組む。2019年10月にビヨンドブロックチェーン(株)の取締役に就任。電子出版制作・流通協議会や電子書籍を考える出版社の会など複数のメディア系業界団体でデジタル系サービスの動向レクチャーを定期的に行っています