fbpx

まぐまぐとエアトリ、投資事業における新規合弁会社エアトリまぐまぐベンチャーズを設立

株式会社まぐまぐと同社の親会社である株式会社エアトリが、投資事業における新規合弁会社として株式会社エアトリまぐまぐベンチャーズを設立することを発表しました。

メールマガジンを中心にコンテンツ配信プラットフォームやWebメディアを運営するまぐまぐと、その親会社であり、旅行事業を中心に様々な事業を展開するエアトリ社が、このたび共同出資にて合弁会社を設立。国内外のベンチャー企業へ投資し、投資先の上場等によるキャピタルゲインの獲得、投資先との資本業務提携によるシナジー創出、上場企業の輩出を目指します。さらに投資先の上場等により獲得したキャピタルゲインを元に基金を設立し、継続的な社会貢献等も行っていくとのことです。

エアトリ社は2016年より投資事業を開始し、計66社、総投資額は約25億円にのぼります。これまでに6社の上場投資先を有し、成長企業への投資を通じて協業等によるシナジーを追求してきました。

新合弁会社では、エアトリ社の有する顧客ネットワークやコンテンツ開発力、ブランド力と、エアトリ旅行事業や投資事業等で蓄積した知見・ノウハウ・ネットワーク・ブランド力とのシナジー創出を追求し、投資先を支援していくとしています。

また、投資先の事業成長による将来のキャピタルゲインを得るべく、2社の上場経験を活用した投資先の上場準備、事業成長、企業価値向上等の支援にも取り組んでいくとのことです。

■合弁会社の概要

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

関連記事