fbpx

ツイキャスが音声ライブを強化・・・Clubhouseクローンの新機能

モイ株式会社は、ライブ配信サービス「ツイキャス」にて、音声SNSを強化し、新機能「ツイキャス・コール」をリリースしました。

「ツイキャス・コール」は、最大同時100人までが1つの配信に音声で参加し、ホストや他の参加者(リスナー)と会話できる機能です。配信者は「ホスト」となり、最大100人までの「リスナー」が参加して会話を配信することができます。

視聴者が音声で参加する場合は、「ツイキャス・コール」モード中のライブ配信でリクエストを送り、ホストに承認されると参加が可能になります。ホストはスピーカーの募集と停止をいつでも行うことができ、配信スタイルに合わせて会話に参加できるリスナーを自由に選択することが可能です。

ツイキャスでは、複数人が一つの配信に通話アプリ等を介して参加し、会話する様子を視聴者に見せるスタイルが一つの配信方法として定着していますが、事前に通話アプリ上でコンタクトを取ったり、音声を配信に乗せるためのツール設定を行うなど煩雑な準備が必要となっていました。「ツイキャス・コール」では、これまでの煩雑な準備の手間がなくなり、別のアプリやツールを使うことなく、その場ですぐに複数人での会話を楽しめるとのことです。

音声データは、配信サービスならではの超高音質、低遅延で伝達されるため、円滑なコールアンドレスポンスが可能。いま誰が話しているかを視聴者が直感的に理解できるように、画面上のアイコンが発言する人の音声に合わせてぴょこぴょこと動く「コールUI」を搭載。視聴者と直接対話したり、視聴者参加型のイベントを行うなど、よりインタラクティブな配信が気軽にできます。

PC、iOS、Androidの全プラットフォームに対応。ブラウザ配信、OBSなどを利用したツール配信・超高画質配信でも利用可能です。なお、現在のところiOS、Android版は「参加」のみ対応。iOS、Android版「ツイキャス・コール」のホスト機能は、近日公開予定とのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

NEC、イスラエル Idomoo社と連携してパーソナライズド動画サービスの提供を開始

日本電気株式会社(NEC)は、イスラエルに本社を...

お知らせ

関連記事