コロナ禍におけるe-sportsの今とこれから…吉本興業 よしもとスポーツ e-sports事業部 よしもとゲーミング 山本英二郎氏

新型コロナウィルスの影響により、多くのイベントが中止に追い込まれている一方で、厳しい状況の中でもオンラインやデジタルに対応し、逆に業績を伸ばしている企業もあります。

2018年にe-sports事業を立ち上げた吉本興業株式会社 よしもとスポーツ e-sports事業部 よしもとゲーミングの山本英二郎氏に、直近の取組みや今後の展望についてお伺いしました。

コンテンツのデジタル化によるマネタイズをテーマに7名が登壇する無料のオンラインセミナーが6月24日(木)に開催されます。 詳細はこちらから

e-sportsはオンラインで成立する

ーーー吉本興業のe-sports事業ではどんなことをやられているのでしょうか?

山本:吉本興業としては、スポーツ選手のマネジメントやイベント運営はe-sports事業をはじめる前からかなり本格的にやっており、現役のプロ野球選手やJリーガー、オリンピック出場経験のあるアスリートなど、数十名のアスリートが所属しています。また、所属芸人の中にすでにプロゲーマーとして活動している者もいたので、e-sportsのプロゲーマーのマネジメントやイベント運営はビジネスとして成り立つだろうということで、2018年にe-sports事業をスタートさせました。

もともと興行のノウハウはあるので、ゲームパブリッシャーと一緒にe-sports関連イベントを開催したり、弊社の制作・技術チームだけを一部提供するということもやっています。また、渋谷にあるよしもと∞ドーム/ホールはゲームイベントに対応できるよう設備投資しており、ライアットゲームズ社と連携して、LJL(League of Legends Japan League)という国内最大級のe-sportsイベントの運営もおこなっています。

ーーー新型コロナウィルスの影響によりさまざまなイベントが中止になっていますが、運営やマネタイズなどどのように乗り切っているのでしょうか?

山本:e-sportsはもともとチケット収益がほぼなく、配信収益でマネタイズするビジネスなので、それでいうとLJLが先進的な例外で、コロナ禍になって元に戻ったという感じです。チケット収益は確かに減りましたが、もともと大きな収益源ではないので大きなダメージは受けていないという状況です。

また、オンラインと言っても、選手や実況者だけ会場にいて無観客で開催する方法や、選手ですらリモートで参加して実況者だけ会場にいるパターンなどいろいろありますが、e-sportsの場合、コロナ前からそういったオンライン配信が主流だったので、運営側としてはストレスなく対応できていると思いますし、観客者側も違和感なく楽しめているのかなと思います。

ーーー今後の運営方法や展開についてはどうお考えですか?

山本:やはり当分はオンラインになるのかなと思っています。弊社の所属芸人が中心となってFortniteの親子大会を開催し注目を浴びましたが、その際はゲーム内のボイスチャットやパーティチャットなどを活用して完全オンラインで開催しました。オンラインで成立させられるのがe-sportsの強みだと思うので、こういった形のイベントは今後もっと増やせたらと思っています。

全てのゲーム好きのために

ーーー他のスポーツイベントや興行でもDXに対応していけるものでしょうか?

山本:やりようはあると思います。私自身もともと野球観戦がすごく好きでスタッツも追いかけるけど、球場には行かないというタイプのファンなのですが、そういった直接興行には結びつかないファンをどうやってオンライン上でマネタイズしていくかはe-sportsにとってもスポーツにとっても今後の課題なのではないでしょうか。

ーーー最後に今後の展望について教えてください。

山本:吉本興業にはe-sportsの最先端ともいえるLJLから親子大会、そしてゲーム実況やゲーム系のライブイベントまで、ゲームに関心のある人々に対して幅広くリーチできるアセットが揃っているので、そういった人々すべてを取り込めるような体制を今後作れたらと思っています。

コンテンツのデジタル化によるマネタイズをテーマに7名が登壇する無料のオンラインセミナーが6月24日(木)に開催されます。 詳細はこちらから

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事