マイクロアドの広告プラットフォーム「UNIVERSE Ads」が「SpotX」と連携・・・データを活用したOTT向け動画広告を提供

株式会社マイクロアドが提供する広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」と、SpotX Japan合同会社が運営する動画配信プラットフォーム「SpotX」が連携し、マーケティングデータプラットフォーム「UNIVERSE」の各種消費・購買データを活用したインストリーム動画広告の提供を始めました。

「SpotX」は、動画コンテンツ内で再生されるインストリーム動画広告の配信プラットフォームとして、Spotify、DAZN Player、ニコニコ動画、OPENRECなど、OTTと呼ばれるストリーミングサービスに特化した広告枠を提供しています。

SpotXの調査によると、日本では動画共有プラットフォームよりもOTTを視聴する傾向にあり、平日の1日に2時間以上視聴する割合は、OTTでは動画視聴者の53%、動画共有プラットフォームでは50%、週末になるとOTTの割合が71%になります。さらに、OTTにおける動画視聴者の24%がOTT広告を注目して視聴すると回答、動画共有プラットフォームの場合では17%にとどまりました。OTT視聴者の31%が広告を見た後にオンラインや店頭で購買行動をしています。

SpotXの調査

マイクロアドは、150以上のデータ保有企業から消費・購買データを収集し、独自の分析で業界・業種に特化した消費・購買行動モデルを構築し、広告配信に活用しています。

今回の連携で、マイクロアドが保有する消費・購買データを活用し、「SpotX」のOTT動画広告枠に対しインストリーム動画広告を配信することが可能になります。「UNIVERSE Ads」では、インストリームに加え、インフィード、インバナー、ネイティブアドといった動画フォーマットにも対応しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事