産経デジタル、デジタル領域の専門オンラインジャーナル「Journal of Digital Life」を9月にオープン

株式会社産経デジタルが、日本ユニシス株式会社および各領域の研究者の協力のもと、デジタル領域の専門オンラインジャーナル「Journal of Digital Life(文字商標出願中)」を2021年9月1日にオープンすると発表しました。

Journal of Digital Lifeは、e-Sportsやゲーム、デジタルコンテンツ・デバイスなどのデジタル領域に対し、脳科学、スポーツ科学、心理学など様々な学問分野からアプローチした研究論文を掲載するオンラインジャーナルです。

定期刊行される論文集の表紙イメージ

近年、デジタル領域への注目が高まり、研究需要が増大しているものの、比較的新しい学問領域であることから、世界的にみてもデジタル分野を専門にした論文発表の場は限られています。そのため、既存の学問分野と関連性が高いジャーナルにデジタル領域の論文が掲載されてしまい、情報を探しにくいのが現状だといいます。

産経デジタルは、このような課題を解決するため、今回デジタル領域の専門オンラインジャーナルとして「Journal of Digital Life」を開設することを決定しました。

「Journal of Digital Life」では、投稿、審査を経て、採択に至ったデジタル領域の研究論文が集約・分野別に分類され、スピーディな検索が可能に。これにより、デジタル領域における研究者の情報収集の効率化、研究の発展と深化が促進されると期待されます。

掲載論文はすべて英文であり、学問の研究者をはじめ、ゲームメーカーやハードウェアメーカーほか、教育、ヘルスケアなど、デジタル領域に関わる幅広い業界や団体からのアクセスを見込んでいるとのことです。

掲載される論文は以下の3種類に分類されます。

  • 新たな事実や知見について論証した「Article(アーティクル)」
  • 未完の研究ながらも新たな事実や価値あるデータなど、科学技術上の新知見を著した「Technical Article(テクニカル・アーティクル)」
  • 企業名義の研究レポートや論文を英訳した「Secondary Publication(セカンダリー・パブリケーション)」

論文は種類を問わず「Journal of Digital Life」の編集委員による審査を受け、Articleは査読者による審査(ピア・レビュー)も行われるとのことです。

「Journal of Digital Life」の編集委員会は国内外の多数の有識者で構成されます。編集委員長は九州産業大学人間科学部スポーツ健康科学科教授の磯貝浩久氏、国際編集委員長は上海体育学院(中国)運動学学部教授のZhen-Bo Cao氏です。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事