川崎重工がWEBメディア「ANSWERS」を開設・・・最新のテクノロジーをもっと身近にわかりやすく伝える

川崎重工業株式会社が、WEBメディア「ANSWERS」を開設したと発表しました。「ANSWERS」には日本語サイト英語サイトがあります。

「ANSWERS」は、より良い未来のために社会課題と向き合う川崎重工の技術や取り組みをわかりやすく紹介するメディアです。より多くの人に川崎重工を知って、身近に感じてもらうことを目的に、これまでのブランドサイト「THE STORIES」をリニューアルしたといいます。

「ANSWERS」では、グループビジョン2030「つぎの社会へ、信頼のこたえを」を掲げ、「安全安心リモート社会」「近未来モビリティ」「エネルギー・環境ソリューション」の3つの注力フィールドを軸に、同社が取り組む社会課題への挑戦や、そこから生まれる新しいソリューションについて紹介していくとのことです。

コンテンツカテゴリは、以下の4つからなります。

  • 安全安心リモート/Connected Society:離れていても安全安心な社会をつくるロボット・リモート操作技術を紹介。
  • モビリティ/Mobility:鉄道車両やモーターサイクル、船、飛行機など、陸・海・空で移動と物流を支えるモビリティを紹介。
  • エネルギー・環境/Energy and Environment:水素をはじめとした新エネルギーでサステナブルな社会をつくるエネルギー・環境ソリューションを紹介。
  • ボイス/Voices:つぎの社会で目指す組織のあり方・働き方について、川崎重工の社内外からさまざまな人の声を紹介。

2020年にリリースした国産初の手術支援ロボット「hinotoriTM」や、脱炭素社会の実現に向けた最新の取り組みなど、新しいコンテンツも随時公開されているとのことです。

脱炭素社会の実現へ。世界中で加速する水素エネルギー開発。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事