CoeFont、AI音声に感情を纏わせる機能を一般ユーザー向けに提供開始・・・AI音声市場の拡大を目指す

AIを利用したサービスの開発・提供を行う株式会社CoeFontが、同社が提供するAI音声プラットフォーム「CoeFont」に、AI音声で”喜怒哀楽の感情”を表現できる機能を付与したと発表しました。

AI音声プラットフォーム「CoeFont」は、最新のAI音声合成技術を活かし、「声」を手軽かつ表現力豊かな「フォント」のようにするサービス。喜怒哀楽を入れやすいセリフを読み上げることで、それぞれの感情を纏わせたAI音声が作成可能といいます。

同社はこれまでキャラクター「アリアル」「ミリアル」「アベルーニ」を用いて喜怒哀楽表現が可能なAI音声を提供してきましたが、今回の機能アップデートにより、一般ユーザーが収録した「CoeFont」にも、感情を纏わせられるように。「喜・怒・哀・楽」の感情を込めて規定のセリフ(300種類程度)を読み上げることで、4種類それぞれの録音が可能になったとのことです。

同社が提供するAIの感情表現機能の特徴は下記のとおりです。

  1. 文脈理解:前後の文脈を理解し、最適な音声表現が可能。
  2. 感嘆:感心や感動した際に発せられる「へぇー」等のニュアンスの感情表現が可能。
  3. !?:言葉の語気を強める「!」や疑問表現となる「?」の感情表現が可能。

これらの表現が可能となることで、CoeFontユーザーは、感情表現を活用したテキスト読み上げをできるようになります。また、従来のニュースやビジネス書の読み上げなどのナレーション業務的なことだけでなく、感情実装が行われることで、ライトノベルやアニメ、ゲームのセリフなどへの活用が見込まれるとのことです。

また、今回の機能リリースを記念し、1月6日(木)より一般ユーザーが収録した喜怒哀楽の感情を表現したCoeFontの中から優れたCoeFontを選出し表彰するSNS投稿型キャンペーン「CoeFont Fes2022」を開催。選考委員会の審査委員長には、CoeFont OfficialとしてCoeFontに参画している声優の森川智之氏が就任したとのことです。

キャンペーンページURL:https://coefont.cloud/coefontFes2022

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger