LiveRampの「ATS」が「Amazon Publisher Services(APS)」と提携

Cookieレスの広告配信を支援するデータ接続プラットフォームを提供する「LiveRamp」は、同社の認証トラフィックソリューション「Authenticated Traffic Solution」を「Amazon Publisher Services(APS)」と連携します。

LiveRampの「ATS」は、ログイン認証を使用した人ベースのIDソリューションで、今回の連携で、「APS」のクラウドベースのサービスを利用するパブリッシャーが会員登録時などに同意を得たファーストパーティデータを活用し、これまでのサードパーティCookieやモバイル広告IDなどの識別子に代わり、パブリッシャーの在庫をLiveRampの人ベースの「RampID」による識別が可能になります。

APS Connections Marketplace による「ATS」の有効化は、数回のクリックで且つノーコード環境で実行出来ることから、パブリッシャーは、転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる通信の遅延時間「レイテンシー」を削減し、ユーザーエクスペリエンスを最適化できます。「APS」カスタマーサポートやモニタリング、継続的な最適化サービスでも利用できるとしています。

今回の連携は、米国、英国、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、日本、シンガポールで展開。ブラジル、メキシコ、アルゼンチンでは、今年後半に展開する予定としています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

中国のプロパガンダを拡散する72の偽ニュースサイトによる情報操作【Media Innovation Newsletter】8/8号

中国が自国の主張を正当化するため、積極的な工作活動を行っているのは知られていますが、サイバーセキュリティ会社、Mandiantの研究者は11ヵ国語で展開される72もの偽ニュースサイトや無数のソーシャルメディアアカウントを使った大規模な工作について報告しました。

ユーザーベースの2Q業績、売上拡大も積極的な販促で減益

株式会社ユーザベースが4日に発表した2022年1...

クロスロケーションズが過去最大の3.8億円資金調達 インフラデータの発展に寄与

独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「L...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事