音声プラットフォーム「Voicy」が27.3億円を調達 パーソナリティの快適な環境づくりを推進

音声プラットフォームを運営する株式会社Voicyは、海外投資家や国内投資家、Voicyのパーソナリティなどによる第三者割当増資による総額27.3億円の資金調達を実施。累計調達額は36億円となりました。

株式会社Voicyは音声プラットフォームの開発・運営を中心に、音声による企業のコミュニケーション課題の解決を行うブランドソリューションや、音声コンテンツの企画制作、音声イベントの企画運営、声の社内報などのクローズドコミュニケーションサービスなどの事業を手がけています。

声による発信ツール「Voicy」では本人性や想いが届く新しいコンテンツを生み出し、リスナーにも新しい価値を提供。審査を通過したパーソナリティによる信頼度の高い声に出会える環境を作り、「ながら聴き」でも人や情報に触れる機会をつくり、平均聴取維持率は80%を超えています。

「Voicy」の会員登録者数は、設立7年目の2022年には前年比2倍の約150万人、チャンネル数は1,600を超えました。企業スポンサーやプレミアムリスナー機能などで月の収益が900万円を超えるパーソナリティも生まれ、流通総額は前年比約4倍、音声の法人利用も174社に。「Voicy」で音声発信をするテレビ・新聞・雑誌・Webなどのメディアは72チャンネルとなりました。

Voicyが今回調達した資金は、パーソナリティがより快適に安心して発信ができる環境づくりとして、パーソナリティが提案するプレイリストなど、放送の検索性や発見性を高める機能や、パーソナリティの収益、コミュニティ形成を支援する機能など、プロダクトの開発、拡充に充てられます。

【株式会社Voicy 概要】
会社名:株式会社Voicy
代表者:代表取締役CEO 緒方憲太郎
設立:2016年2月
本社所在地:東京都渋谷区円山町20-1 新大宗道玄坂上ビル8階
Webサイト:https://corp.voicy.jp/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事