PR TIMESが西日本8エリア別TV-CM放映開始 地方企業の悩みをPRの力で解決

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMESが、エリア別TV-CM放映と各地域PRコミュニティづくりを開始したと発表しました。

サービス開始の背景

PR TIMESは、日本の各地域が抱える社会課題の中には、販路の拡大や関係人口の創出などPR TIMESが関与できる課題があるとする一方で、東京都所在の「PR TIMES」利用企業が62.8%と、東京都に一極集中していることを懸念。この東京一極集中の構造を変え、地方地域における「PR TIMES」の活用、ひいては地域事業者によるPR活動を通じた地域発の情報流通を活発にすることを目指し、今回TV-CM放映とPRコミュニティづくりを開始することを決定したといいます。

個性あふれるTV-CMで地域発の情報流通を促進

TV-CMには、静岡、愛知、京都、大阪、岡山、徳島、福岡、沖縄の各府県で「PR TIMES」を利用している企業の役員社員が出演。それぞれの府県や地域を中心に、西日本8エリア別27府県で放映されるとのことです。CM放映期間は2022年9月13日(火)~11月21日(月)まで。

今回CMに出演したのは、静岡銘菓「うなぎパイ」でお馴染みの有限会社春華堂、「クルマのサブスク」を展開する株式会社KINTO、「京都タワー」の京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社、大阪銘菓「パインアメ」のパイン株式会社、デニムの聖地岡山の「デニムファクトリー」青木被服株式会社、徳島大学発スタートアップで「食用コオロギ」を扱う株式会社グリラス、北九州のソウルフード「資さんうどん」の株式会社資さん、沖縄育ち「ブルーシールアイス」のフォーモストブルーシール株式会社です。

「そこで、PRゼミ!」で地方企業の広報PR活動を支援

また、同社は、地域内で広報PRへの興味を惹くようなリアルイベントを開催し、地域内の企業同士や地域に縁のあるPRパーソンらの交流の場として、PRコミュニティづくりに取り組むとしています。

同社は、今回実施するイベントと運営コミュニティを「そこで、PRゼミ!」と総称。今回CM出演した企業と協力し、各地域内で順次リアルイベントの開催、コミュニティづくりを行っていくとのことです。

第一弾のイベントは、2022年10月17日(月)に福岡で開催される「そこで、PRゼミ!さぁ福岡」。福岡エリアのCMに出演した株式会社資さん代表取締役社長佐藤崇史氏も登壇し、「福岡のうどん屋が九州、そして全国からファンを集めているワケ(仮)」をテーマに講演する予定です。

株式会社PR TIMES代表取締役社長の山口拓己氏は、「PRには働く人を元気にし、生活する人が豊かになっていく力がある」とし、「東京だけでなく、日本全国の各地域を拠点とされる企業様によって経済も、文化も、暮らしも、それぞれの地域らしく豊かになっていく。PR TIMESはそういったことにお役に立ちたいと願っています」と述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事