Voicyのメディアチャンネルが82に 昨年比6割増、メディアによる“中の人見える化”も

音声プラットフォームVoicyが、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4大マスと呼ばれるメディアを中心に82のメディアチャンネルになり、昨年12月以降6割増=32チャンネル増えました。

「Voicy」は、編集なしのシンプルな収録方法で本人性や想いが届くコンテンツの創出を目指しており、応募通過率5%前後と言われる審査を通過したパーソナリティチャンネルや、ニュースが声で聴ける「メディア放送」、企業の人柄も伝える「オウンドメディア」が集めています。平均聴取維持率は80%超。会員登録者数は、2022年11月現在約165万人。

また、メディア放送においては担当者の名前をオープンにする傾向が広がっており、シンプルな記事の読み上げだけではなく、担当者自身や話し手の視点で放送するチャンネルが増加。現在85%以上のメディアチャンネルで“中の人見える化”がされていることから、Voicyは、“ながら聴き”ができる、人柄を感じられるメディアチャンネルを選びマップにまとめました。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事