noteがAI領域で新たな事業展開、100%子会社「note AI creative」を設立

・noteが100%子会社「note AI creative」設立 ・AIによる創作のバリューチェーンの革新を目指す ・noteの開発スピード加速、ユーザー体験向上を期待

メディア デジタルメディア
noteがAI領域で新たな事業展開、100%子会社「note AI creative」を設立

2023年11月22日、noteは取締役会を開催し、100%子会社として「note AI creative株式会社」(以下、note AI creative)を設立し、新たな事業を開始することを決議しました。

note AI creativeは、「AIによる創作のバリューチェーンの革新」をコンセプトに、AI領域における事業展開に取り組みます。具体的には、大規模言語モデルなどを活用したコンテンツ分類、モデレーション、リコメンドなどのメディア運営にまつわる基盤システムや、創作をサポートするツール群、業務効率化にまつわるツール群の開発を行います。関連する技術者の採用も積極的に行っていく予定です。

noteの開発スピードが加速し、さらなるユーザー体験の向上が期待できる他、外部へのサービス提供も視野に入れ、AI領域における新たな事業展開に取り組んでまいります。

noteは、2014年のサービス開始以来、AIを積極的に活用してきました。3,740万件(2023年8月末時点)を超える膨大なコンテンツから読者に最適な記事を提案するレコメンド機能や、プラットフォームを健全な場に保つためのAIによる記事や画像の分類およびパトロール作業など、AIの力を活用しています。

また、2022年11月に公開された「ChatGPT」を搭載したクリエイター向けの創作機能「AIアシスタント(β)」の提供を開始し、全社員がGPT-4を活用できるよう「Azure OpenAI Service」を導入するなど、生成AIを活用し、ビジネス競争力の強化にも取り組んでいます。

note AI creative株式会社の代表取締役社長には、noteのCTOを務める今 雄一氏が就任します。今氏は、新しいAI技術がもたらす大規模な変化に対応し、クリエイターが創作を続けられるような新しい仕組みを開発し提供することで、noteの将来的なビジネスに貢献していきたいとの意向を示しています。

note AI creative株式会社は、2023年12月8日に設立予定で、資本金は30百万円となります。事業内容は、大規模言語モデル等を活用した企画・開発・運営となります。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集