日本農業新聞と東武トップツアーズがAI「金次郎」開発

・東武トップツアーズと日本農業新聞がAI開発 ・AI「金次郎」で農業情報共有・効率化 ・利用者へのパスワード提供は日本農業新聞経由

テクノロジー AI
日本農業新聞と東武トップツアーズがAI「金次郎」開発

東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:百木田康二)と株式会社日本農業新聞(代表取締役社長:廣田武敏)が共同で、農業関係者向けのChatGPT「金次郎」を開発しました。

ChatGPT「金次郎」は、農業に関する情報共有と効率化を目的に開発されたAIです。人工知能を活用した自然言語処理の技術を駆使し、農業に特化した情報提供やコミュニケーションの支援を行います。

農業は多くの課題を抱えながらもその重要性と可能性に注目が集まっています。しかし、情報連携やコミュニケーションの不足から効率的な情報共有が難しいという側面があります。この現状を打開するために、東武トップツアーズと日本農業新聞はChatGPT「金次郎」の開発に至りました。

ChatGPT「金次郎」は、農業関連の質問、情報収集、相談などさまざまな用途に活用可能です。最新情報や市場動向、作物の栽培方法など、多くの知識を有しているため、農業関係者を幅広くサポートします。自然言語処理の技術を駆使しているため、ユーザーの質問に対して適切な回答を提供します。開発後も農業分野の学習を続け、ユーザーからのフィードバックを反映させながら、より精度の高い情報提供を目指しています。

ChatGPT「金次郎」の利用方法は、日本農業新聞を通じて利用を申し込んだJAの方にパスワードが提供されます。パスワード受け取り後、利用可能だということです。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集