Hollywood Reporterは、Vice Mediaが世界2500名の従業員のうち、10%に当たる250人をレイオフすると報じました。これはNancy Dubuc CEOが社内に向けたメモで明らかにしたもので、全部門が影響を受けそうです。WSJなども続報を伝えています。

また、レイオフのほか、世界の組織を、地域別から、「映画やテレビの制作スタジオ」「ニュースチーム」「デジタルビジネス」「テレビ局(Viceland)」「クリエイティブエージェンシー(Virtue)」という機能別への再編も行われるとのこと。

「Vice」はカナダのモントリオールで創刊されたフリーペーパーを起源とするメディアで初期は若者をターゲットにカルチャーやアンダーグラウドにも焦点を当てながら、次第にニュースや報道も含めた幅広くラインナップを広げています。国際展開にも積極的で、現在では日本を含む世界30カ国でデジタルメディアやテレビ局を展開しています。

BuzzFeedやハフポストなどデジタルメディアを牽引してきたプレイヤーが相次いでレイオフを発表していますが、Nancy Dubuc氏はメモで「Viceの売上に占めるデジタルメディアの割合は20%程度」とし、デジタルメディアの先行き不透明感がレイオフの直接の要因ではないことを示唆しています。