ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社は、「gooブログ」が2019年3月にサービス提供開始から15周年を迎えるにあたり、6日より「goo blog」へと表記を変更しました。

さらに、「手元でいつでも読める・書ける・つながる」ブログサービスの実現にむけ、新機能の追加などを含む過去最大級のリニューアルを行います。第1弾として、6日よりスマートフォンアプリ版を提供開始しました。

具体的には、スマートフォンアプリ版に「手元でいつでも読める・書ける・つながる」を実感できる機能を追加します。

主なリニューアル内容

  • リアクションボタン追加:「いいね」「応援」「続き希望」「役立った」の4つのボタンで、読者はブログの感想を気軽に伝えることができます。
  • ハッシュタグ機能追加:ブログのキーワード等を「#」のあとに複数追加できるハッシュタグ機能を導入。ハッシュタグを付与することで、ブロガーはブログが読まれる・検索される機会を増やすことができ、読者にとっては「好きなこと・興味があること」の検索性が向上します。
  • コメント欄のデザイン変更:従来のブログのコメント欄を見やすく使いやすいデザインに変更。コメントのリアルタイム表示やチャット風の画面デザインにより、視覚的にわかりやすく、気軽にコメントできるようになります。
左:リアクションボタン(赤枠) 真ん中:ハッシュタグ 右:コメント欄 
※イメージ

他にも、定型文登録機能の追加や、編集画面上での画像加工・編集機能追加(3月提供開始予定)など、場所を選ばずに記事を書きたい、写真撮影後にすぐに記事を投稿したいブロガーに向けて、スマートフォンでの編集が更にしやすい機能が追加され、操作性の見直しが行われました。

今回のスマートフォンアプリ版のリニューアルに続き、3月下旬にはPC版がリニューアルされる予定です。また、「goo blog」では、動画や音声入力対応の機能拡充や、拡散性を高めるメディアとの連携強化も予定しているとのこと。

「文字数やレイアウトの制限が少なく、まとまった量の記憶・記録を文字や画像で整理できる」「デジタル上に蓄積した記事を、時期やキーワードで検索しやすい」といったブログ特有の強みを生かし、「goo blog」は「記憶と記録のライブラリ」としての役割を今後も担っていきたいとしています。