fbpx

ミンカブ・ジ・インフォノイド、投資家向けマーケティングプラットフォームを提供するウィルズへ資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド株式会社ウィルズは、株主優待分野を中心とした連携強化を目的に、ミンカブがウィルズの一部株式を取得し、資本業務提携に合意しました。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドは、日本最大級の投資家向け情報メディア「みんなの株式」を中心に、株式・仮想通貨・外国為替・商品先物・投資信託・保険など様々な金融商品を対象とした投資情報を提供。ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家や金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。

式会社ウィルズは、国内のべ 600 社の上場企業に、国内外機関投資家や個人投資家を対象としたマーケティングプラットフォームを提供。ブロックチェーン技術を活用した株主優待共通コイン「WILLsCoin」と電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を通して、金融市場と上場企業の対話を促進し、顧客企業の企業価値最大化を目指しています。

ミンカブが運営する「みんなの株式」等金融情報配信メディアでは、「株主優待」などのワードが検索エンジン上で上位になるなど、株主優待情報コンテンツの充実を進めています。

ウィルズは、株主の「デジタル化」と「ポイント機能」を併用した「プレミアム優待倶楽部」を運営しており、優待制度を導入する企業の株主が長期保有を行うことにより付与されるポイントで優待商品が獲得できるサービスを展開すると共にブロックチェーン技術を活用した株主電子管理サービスを提供しています。

両社は今後、ミンカブが提供する「株探」での有料サービス、「株探プレミアム」「プレミアム優待倶楽部」への商品導入、ミンカブが運営するメディア上での「プレミアム優待倶楽部」の露出強化、開発面での連携強化、ミンカブが保有する情報資産を活用した「プレミアム優待倶楽部」の情報面での充実など、複数の相乗効果を目的とした展開を検討し、事業会社、株主、投資家の利便性を向上させることによるミンカブのメディア事業における広告収入、課金収入の拡大、ソリューション事業における情報の月額利用料の拡大、ウィルズの「プレミアム優待倶楽部」の利用者数の拡大による収益拡大を目指すとしています。

【株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 概要】
・社名 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
・所在地 東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号
・設立 2006年7月7日
・代表取締役社長 瓜生 憲
・事業内容 メディア事業、ソリューション事業
・運営メディア
みんなの株式みんかぶFXみんなの仮想通貨みんかぶコモディティみんかぶ投信みんかぶ保険Kabutan
Sharewise

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

note、学校向け「表現力講座」出前授業を無料提供

メディアプラットフォーム「note」を運営するn...

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事