fbpx

カカクコム子会社が運営する「バスとりっぷ」の月間ユーザー数が100万人を突破

株式会社カカクコム子会社である株式会社LCLが運営する「バスとりっぷ」は2019年3月の月間ユーザー数が100万人を突破しました。

バスとりっぷの月間ユーザー数推移

「バスとりっぷ」は全国の高速バスや夜行バスを利用するときに役立つ記事を配信している高速バスユーザー向け情報専門メディアです。

2015年4月のサービス開始から2018年1月には月間ユーザー数50万人を超えました。その1年2ヶ月後の2019年3月に100万人(単月過去最高)を突破したことになります。

ユーザー数増加の背景

ユーザー数増加の背景には高速バスユーザーの増加に伴い、高速バスに関する詳細な情報へのニーズが拡大していることがあります。

バスとりっぷは高速バス車両のスペック比較、バスターミナルガイドとその周辺情報などのコンテンを評価を得ています。

掲載記事の多くはライターが実際に乗車し、取材した内容に基づいて配信されています。高速バスに関しては、インターネット上に比較的情報が少ないため、詳細な情報を届けることで、予約や利用時の不明点や懸念点を解決できるように努めています。

そのため、短期間でユーザー数が倍増したと考えられます。バスとりっぷは今後も高速バス業界の動向に注目し、ユーザーが求める情報を引き続き提供していきます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

note、学校向け「表現力講座」出前授業を無料提供

メディアプラットフォーム「note」を運営するn...

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

お知らせ

関連記事