日本最大級を誇る女子大生マーケティング会社、株式会社KIRINZが、都内46大学の女子大生500名を対象に「お金と購買行動」に関するアンケート調査(調査期間:2019年2月15日〜3月1日)を実施しました。

【調査トピックス】
・女子大生がお金を使うこと第1位は「服・美容」
・女子大生の約3割がYouTubeを参考に物を購入した経験あり
・貯金額450万円の女子大生も
・女子大生ネットショッピング利用者の内9割がzozotownを利用
・「仮想通貨」など投資経験がある女子大生は7%

■YouTubeを見て物を購入したことがある現役女性大生は3割

女子大生の約3割がYouTubeを見て物を購入したことがあることがわかりました。「YouTubeを見て購入した物は何ですか?」という質問に対する回答は、女子大生の約5割が「コスメ」、約3割が「食べ物」、約2割が「服」と回答。インターネットなどメディア情報の信頼度に比べ、女子大生との距離が近く日常を発信しているユーチューバーやインスタグラマーによる口コミが信頼性を増し購入に繋がっていることがわかりました。

■現役女子大生の平均貯金額は15万円

「貯金はいくらですか?」という質問に約4割の回答で1位だったのが「していない」、2位は「10万円以上」(約2割)でした。また約1割が「50万円以上」と回答しました。中には「450万円」と回答した女子大生もいました。

「お小遣いを月にいくらもらっていますか?」という質問には「もらっていない」が約5割の回答で1位。2位は「3万円」、3位は「5万円」でした。その上で約1割の女子大生が「10万円以上」お小遣いをもらっていることがわかりました。

■女子大生のネットショッピング利用率が8割超、そのうち9割がZOZOTOWNを利用

「ネットショッピングを利用する頻度は?」という質問への回答で1位だったのが「毎月利用する」(約3割)、2位は「2月に1度利用する」(約2割)でした。
全体で約8割が「1年に1度以上は利用する」ということがわかりました。

また、「ネットショッピングは何を利用しますか?」という質問には「ZOZOTOWN」が約9割で1位にランクイン。2位は「Amazon」(5割)でした。 ネットショッピングを利用する9割の女子大生がファッションに関連する商品をネット購入していることがわかりました。

■現役女子大生クレジット所持率は約6割

約6割の女子大生がクレジットカードを所持。「月々いくらクレジット払いをしますか?」という質問では1位が「3万円」(約2割)、2位が「4万円」、3位が「0円」でした。全体で約1割が毎月5万円以上使っていることがわかりました。
ネットショッピングの利用率が高まるのに伴い、クレジットカードを持つ女子大生が多くなっていることがわかりました。

■現役女子大生の7%が投資経験あり

現役女子大生の7%に投資経験がありました。「投資は何をしましたか?」という質問には昨年話題となった「仮想通貨」、「暗号通貨」という回答も。昨今、投資で儲けた女子大生がテレビ番組内で特集されたり、投資で儲けた女子大生が本を出版するなど学生の間でも投資に関しての注目度が高まる中、大学内の授業やゼミでも投資に関する授業があるなど、10年先、20年先の未来を見据えてお金の運用の仕方を学ぶ女子大が増えていることがわかりました。

KIRINZは今後も、女子大生マーケティングのリーディングカンパニーとして最新のトレンド調査を実施していくとしています。

■現役女子大生が一番お金を使うのは「容姿(服・美容)」

1位には「服・美容」がランクイン。各ファッション誌やSNSなどで「プチプラ」が流行る中、約4割近くの女子大生が容姿(服・美容含む)に関わる事に一番お金を使用していました。2位に「食費」、3位に「交通費」がランクイン。大学生になると外食や友人・彼氏との付き合いが多くなり、食費や交通にお金が掛かっていることがわかりました。

<アンケート調査概要>
調査期間:2019年2月15日〜3月1日
調査対象:都内大学に在学している女子大生
回答人数:500名
調査方法:インターネット調査