サムライト株式会社は 企業のコンテンツマーケティングやメディアビジネス等を支援する新サービス 「SOMERISE for HR」の提供を開始する事を発表しました。

「SOMERISE for HR」について

「SOMERISE for HR」はコンテンツマーケティングの考え方を採用の領域に応用し、コンテンツを資産として活用することで中長期的な採用活動の成果の最大化を図ります。それにより、企業の採用活動の解決するサービスです。

「SOMERISE for HR」 導入のメリットとしては、継続的に情報を発信することにより、メッセージを伝えやすいことや、コンテンツをストックすることにより、時間とともに成果が上がりやすい点があります。また、会社に関する理解を深めてもらうことで、入社後のミスマッチも起こりにくくなります。

■「SOMERISE for HR」の2つのプラン
「SOMERISE for HR」には以下の2つのプランが用意されています。

・パフォーマンスプラン
ビジネスSNS「Wantedly」を活用し戦略設計からフィールド、求人票作成、分析、改善、フェイスブックとの連携までをサポート。エントリーの獲得のたびに費用が発生する成果報酬型であるので、スモールスタートで試したい企業向け。

・クリエイティブプラン
採用サイトの設計から運用までをフルサポート。コンテンツ制作・掲載、SNSや広告を活用した配信までをトータルサポートのあるプラン。採用活動の成果を最大化したい、中長期的な視点で採用コストを最適化したい企業向け。

採用領域へのサービス拡大の背景

日本は若年労働人口の現状で有効求人倍率の上昇が続いています。そのため、企業の採用活動は難易度を増している現状です。

従来の採用方法を継続するだけでは数と質の両面で必要な人材確保が難しくなっています。採用コストや担当者の作業工程の上昇も続いています。よって、より効果的な採用活動が求められています。

近年は求職者の価値観が多様化しており、企業を選ぶ基準も様々です。企業は一貫したブランドメッセージのもと求職者のニーズを満たすため情報を幅広く制作・発信する必要性が高まっています。

それに伴い、毎年のように採用サイトや各種ツールも作り変えられています。過去に制作したものを資産として活用しにくい、毎年新たな企画制作する費用が発生するなどの課題を解決するのが「SOMERISE for HR」です。

■ サムライト代表取締役CEO 池戸 聡のコメント
「採用マーケティング」「採用ブランディング」など、採用活動にマーケティングの考え方を取り入れ、この採用難の時代を乗り切ろうとする企業が増えています。しかし、情報コンテンツを長期的な視点で運用・蓄積して成果をあげるコンテンツマーケティングの価値は、採用領域ではまだあまり知られていません。コンテンツやメディアの力を信じ、企業のビジネスやマーケティングを支援してきたサムライトのノウハウと企画制作力を採用シーンでも発揮し、企業の採用力向上に貢献していきたいと考えています。