株式会社マイナビ、株式会社電通リテールマーケティング(以下「DRM」)、株式会社ZOOOGは、3社共同で広告パッケージを展開することを発表しました。

DRMが保有する2000万人規模の顧客購買行動データを基に、SNSでVOCの収集・分析を行い、Offline/Online双方のデータに基づいて、精度の高い記事コンテンツ制作、および制作した記事コンテンツを活用した広告配信を行う3社アライアンスパッケージとなります。

新パッケージ提供の背景

近年、インターネット広告の市場規模は年々拡大し続けており、インターネット広告費は今や1兆7,589億円となっています。

企業や代理店がインターネット広告を実施している一方で、インターネット広告におけるターゲティングの設計にはいまだ課題があり、従来の概念を覆すターゲティング戦略が求められています。

今回、これらの課題に対応し、最適なターゲティング設計、及びそこから得られる効果を最大化する上で、根拠に基づいた戦略立案が極めて重要であるという認識、3社による広告配信パッケージを展開しました。

戦略の特長

本パッケージでは、ID-POSを活用し、従来のインターネット広告における感覚的なターゲティング設計と異なる、根拠のあるターゲティング設計が可能となりました。具体的には、ID-POSをもとに、購買者の年齢層や性別などの属性データに加えて、併売データ等、実際の購買行動に基づいてターゲティング設計を行います。

さらに、SNS広告において豊富な実績を有するZOOOGと、様々なWebメディアを運営し、LTVの高い顧客を多数保有するマイナビが、SNSでのVOC収集・分析によって消費者の顕在/潜在ニーズを割り出し、Offline/Online双方のデータを元に、ターゲティングに基づいたメディア選定・精度の高い記事コンテンツ制作、及びコンテンツを活用した広告配信を実施します。