fbpx

AnyMind、スペースシャワー傘下のGROVEを子会社化しインフルエンサービジネスを強化へ

AnyMind Groupは、株式会社スペースシャワーネットワーク(以下「SSNW」)と資本業務に関する契約を締結し、SSNWの連結子会社であり、インフルエンサープロダクション事業を展開するGROVE株式会社(以下「GROVE」)の第三者割当による新株発行及び同社株主からの株式譲渡により、同社の普通株式全体のうち51.00%にあたる91,600株を取得し、子会社化したことを発表しました。今回のGROVEの連結子会社化は創業4期目にして、4社目のM&Aとなります。

今回のGROVEの子会社化により、GROVEに所属する約150名の専属クリエイター及び約750名の登録クリエイターとの、より深いコラボレーションが可能になります。さらに、AnyMind Groupのグローバルのインフルエンサープラットフォームを合わせて活用することで、データとクリエイティブを掛け合わせた、より多角的なインフルエンサーマーケティングの提供・支援が可能になります。

また、クライアントに対するインフルエンサーマーケティングの提供・支援だけではなく、インフルエンサー・クリエイターに対する表現の多様化・自由化を支援することも可能になります。“広告媒体としてのインフルエンサー活用”だけではなく、次の時代を見据え、個の“ブランド化”と“流通”を最大化させることを目指します。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

関連記事