fbpx

新型コロナウイルスで中止になった音楽・演劇等の支援策で878億円、配信等での代替向けに

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)は、経済産業省の令和2年度「コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金」(約878億円)(通称:J-LODlive、読み:ジェイロッドライブ)の補助事業者(事務局)に決定したと発表しました。

J-LODliveロゴ

この補助金事業は、新型コロナウイルス感染拡大により日本発コンテンツの海外展開プロモーションの機会が失われていることを受け、音楽、演劇等の国内における公演および公演を収録した動画の全部または一部を海外向けデジタル配信し日本発コンテンツのプロモーションを行う事業に係る費用の一部を補助することを目的としています。

申請対象者は、新型コロナウイルス感染症のまん延の影響で今年2月1日以降に予定していた公演を延期・中止したコンテンツのライブ公演の主催者法人で、非営利法人や地方公共団体も申請が可能です。

補助上限額は経費全体の1/2、1件あたり5,000万円で、補助対象経費には、公演の出演料、制作費、会場費、運営費、権利使用料、感染予防対策費・公演の収録映像の一部又は全部を活用した動画の制作費・海外配信費が含まれます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事