インターネットメディア協会がオンラインカンファレンス「Internet Media Days 2020」を11月開催

JIMA(インターネットメディア協会)が主催する総合オンラインカンファレンス「Internet Media Days 2020(IMD2020)」が11月5日~7日まで開催されます。

「Internet Media Days 2020」は、13の講演、パネルディスカッション、JIMA会員が語り合う交流会を行う総合オンラインカンファレンスです。プログラムは、すべてオンライン会議システムZoomにて配信。議論と出会いの場として企画されており、オンラインで集まり、議論することをきっかけにいまの難題を乗り越え、明日をつくる行動をさらに加速します。

特別講演が決定しており、淑徳大学経営学部 教授の雨宮寛二氏による「デジタルサブスクの今–戦略モデルとリテンションのアプローチ」と、The Breakthrough Company GO クリエイティブ・ディレクターの砥川直大氏による「SDGs時代の広告クリエイティブとネットメディアの役割」を開催。事例を踏まえたサブスクリプションのビジネスモデルや戦略性、クリエイティブの視点からSDGs時代のネットメディアの役割について考える講演を行います。

その他、THE GUILD代表、note株式会社 CXOの深津貴之氏、note株式会社 noteプロデューサー/ブロガーの徳力基彦氏、オリコンNewS株式会社 取締役の上野拓人氏らが登壇する予定です。参加はすべて無料。なお、一部、JIMA会員のみが参加可能なものがあります。

Internet Media Days 2020 実行委員長 伊藤大地氏コメント

「100年後、200年後の歴史書に、いま起こっている、インターネットの出現と、メディアの変化が良いものとして描かれる――そんな未来をつくるために、オンラインで集まり、議論する。たかがひとつのイベントくらいでおおげさな、と思われるかもしれませんが、そのようなイベントになることを、願ってやみません。」

インターネットメディア協会 代表理事 瀬尾 傑氏コメント

「情報と人が交わる広場として、Internet Media Days 2020を開催します。2019年、有志が集まってインターネットメディア協会を立ち上げたときから、みなが集まり、議論するイベントをやりたいね、という話をしていました。それが、この難しい状況下で実現することになったのは、実行委員長である伊藤大地さんはじめとする会員の皆様のおかげです。そして、それを成功させるのは、参加する皆様のご協力があればこそです。」

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事