読売新聞社、系列の販売店でマクドナルド商品をデリバリーする取り組みを開始

株式会社読売新聞グループ本社と日本マクドナルド株式会社は、読売新聞の販売店(読売センター=YC)が「マックデリバリーサービス」を担い、マクドナルドの商品をデリバリーする取り組みを全国で進めていくと発表しました。

今回の取り組みでは、読売新聞社と日本マクドナルドが連携。読売新聞の販売店による配達網を活用し、YCスタッフがマクドナルドが実施する「マックデリバリーサービス」を担い、マクドナルドの商品をユーザーにデリバリーします。

両社の連携は、地域を知り尽くしたYCのスタッフがマクドナルドのデリバリーサービスを担うことで、より多くのユーザーに安心、安全にマクドナルドの食事を楽しんでもらうことを目的としています。

YCによるマックデリバリーサービスは、これまで首都圏や兵庫県の一部店舗が先行して受託してきましたが、今月からは1都1府7県のマクドナルド約70店舗(4月末時点)にサービスを拡大し、その後、全国の店舗に順次展開していく予定です。全国でYCが組織的にフードデリバリーを受託するのは初めてのことになります。

4月末時点で受託する店舗は東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、大分県、鹿児島県の計9都府県内の計約70店舗。協力YC計74店。今後、全国に順次展開予定です。

読売新聞グループ本社は「読売新聞の販売店(YC)の配達力と丁寧なお客様対応を評価していただきマックデリバリーサービスを受託していくこととなりました。YCの最大の強みであるデリバリーを通じて地域のお客様に喜ばれるサービスに努めてまいります。」とコメント。

日本マクドナルドは「デリバリーをご利用のお客様が増えている中で、地域を知り尽くしたYCのスタッフの皆さまにマクドナルドの商品を届けていただけることになりました。この協業により、より多くのお客様にできたての商品をお届けしてまいります。」とコメントしています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,456フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger