「ラジオに人生を救われた」二人の起業家が取り組む音声ビジネス最前線・・・オトバンク×Radiotalk対談

音声SNS「Clubhouse」のサービス開始により注目が集まっている音声市場。「ラジオに人生を救われた」と話すラジオフリークなオトバンクの久保田裕也代表とRadiotalkの井上佳央里代表の2人によるトークイベント「音声プロダクトのビジネス最前線」が2月25日、YouTube Liveで行われ、両代表が音声のこれからについて熱く語り合いました。モデレーターはMedia Innovationの土本が務め、イベントの音声はRadiotalkやClubhouseでも同時配信されました。

久保田氏と井上氏の経歴

1983年生まれの久保田氏は、売上ゼロの株式会社オトバンクに立ち上げ当初から参加し、東京大学経済学部経済学科卒業後、2006年にオトバンクに入社しました。 オーディオブック配信サービスの立ち上げや制作インフラの開発、事業責任者を経験し、2012年3月に代表取締役社長に就任しました。

久保田氏は「この会社に新卒で入り、音声関係の仕事を15年ぐらいしています。今は、本を音声化して配信するというビジネスをしていますが、元々ラジオが大好きでした。子どもの頃は、学校が終わったら、真っすぐ家に帰ってラジオを聞いていて、中学生になると、ラジオを3台並べて同時に3番組を聴いていました。」と自己紹介していました。

1990年生まれの井上氏は、日本大学芸術学部放送学科を卒業後、2012年にインターネット事業を運営するエキサイトへ入社、Woman.excite、エキサイト翻訳、エキサイトブログ等のプロデュース・ディレクションを経て、2017年に社内ベンチャー制度でRadiotalk(β版)を公開しました。その後、2019年3月にXTechの子会社として設立されたRadiotalk株式会社代表取締役に就任しました。

井上氏は「高校生の頃、YouTubeやニコニコ動画が流行し、それで、ラジオにも興味を持つようになりました。大学は放送学科ですが、先生たちは『君たち、これからラジオの業界に入ってどうするの?』というような感じで、ラジオには後ろ向きでした。そのため、ラジオ制作の授業も受けていましたが、ラジオ業界を目指すだけだと、つぶしが効かなくなるので、最初はインターネットの業界に入りました。昔はラジオの『ネタ投稿』を趣味にしていた時代もあり、初めて読んでもらえたのは爆笑問題さんでした。ある大雨の日、満員電車でストレス指数が半端じゃないくらい高かったのですが、そんな出勤時間でもラジオを聴くことで幸福になれ、これほどの力を持ったラジオはすごいと思い、ラジオで何かしたいとずっと思っていました。」と自己紹介していました。

音声市場を切り開いたオトバンク

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,465フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事