ヘッドレスCMSのContentstackが新たに5,750万ドルの資金調達・・・「次世代型CMS」への注目が集まる

6月9日、ヘッドレスCMSを提供するContentstackは、シリーズBのラウンドで5,750万ドルの資金調達を達成したことを発表しました。これにより同社は合計8,900万ドルを資金調達したことになります。同社のようなオーディエンス個人個人へのリーチを重視するCMSはCXP(Content Experience Platforms)と呼ばれ、この市場は2025年には288億ドル規模まで成長すると予測されています。今回のラウンドでは、既存のIlluminate VenturesGingerBread Capitalに加えて、AIに強みを持つフィンテック企業Georgianも出資することになり、同社の提供するサービスにAI技術を活用していくことが宣言されています。

大幅成長が予測されるCXP市場

CMSとはContent Management Systemの略であり、ウェブサイトのデザインや画像、テキストなどのコンテンツを一元管理するシステムを意味しています。代表的なCMSとしては、オープンソース型のWordPressやパッケージ型のMovable Typeなどが挙げられ、多くの法人のウェブサイトで利用されています。

[MMS_Paywall]

近年、このCMSの次の段階であるCXPへの移行が始まっていると言われています。CXPとはContent Experience Systemの略であり、多様なオーディエンス個人個人へのリーチを重視したCMSを表しています。つまり、今までのコンテンツ管理とマーケティングツールを統合化したシステムということができます。そのため、CXPを提供するためには、従来のCMSに加えてマーケティングに特化したテクノロジーが必要となっています。Aragon Researchによると、このCXP市場は2019年の110億ドルから2025年には288億ドルまで成長し、2022年単独でCXPへ移行する大企業は50%に上るとも予測されています。この背景には新型コロナウイルスによるデジタル化の加速があるとも言われています。

ヘッドレスCMSを特徴とするContentstack

ContentstackもCMSを提供する企業ですが、ヘッドレスCMSを採用していることが特徴となっています。ヘッドレスCMSは、通常のCMSと異なり、ウェブサイトのフロントエンドであるビュー画面(ページそのもの)を提供せず、サイトを構成する個々の要素(テキスト、画像、機能)のみを提供しています。これにより、ユーザーが独自に用意したビュー画面に自由に同社のコンテンツを組み合わせることができるため、柔軟な運用を行うことが可能となります。また、同社は単なるヘッドレスCMSを提供する企業ではなく上述したCXPを提供する企業でもあります。

Contentstackは、シリーズAラウンド終了以来、その顧客を1.5倍に増やし、そのプラットフォームを採用するFortune 1000の企業も2倍以上に増加したと報告されています。新たにBroadcom、HP、McDonaldなど名の知れた企業の参入があったことから、同社のプラットフォームによって提供されるコンテンツ量は同時期の60倍を記録するまでになったようです。同社のシリーズBにおける5,750万ドルの資金調達達成は、この新規顧客獲得と前述のCXP市場拡大の背景があったからこそとも言えるでしょう。なお、同社は2021 Product of the Year Awardを含めて6つの受賞歴が今年だけであるようです。

フィンテック企業Georgianとの協業

ContentstackへはベンチャーキャピタルのIlluminate Ventures、GingerBread Capitalが出資を行っていましたが、今回のシリーズBからはフィンテック企業であるGeorgianが参加することとなりました。Georgianは、Shopify、Kony、Tealiumなどへも出資を行っており、AI、機械学習に強みを持っています。同社は、このGeorgianの持つユニークなテクノロジープラットフォームを利用することで、自社のあらゆる活動にAIと機械学習を導入することができると言います。

まだ日本では馴染みのないCMSの次世代型と呼ばれるCXPは確実に市場拡大が進んでいきそ

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

アドテック東京とオリコム、ジェンダーバイアスの測定基準「GEM®」を日本でスタート

アドテック東京等のマーケティングの国際カンファレ...

「radiko」アプリが全面リニューアル

株式会社radikoは、いつでも、どこでも、無料...

アイティメディアの3Q業績、リードジェンと広告ともに好調で増収増益

アイティメディア株式会社が31日に発表した202...

凸版印刷「TOPPANアバターアテンドサービス」を開発 遠隔地からアバターを介した接客

凸版印刷株式会社は、遠隔地からサイネージに表示さ...

関連記事