東急ハンズ、オリジナルキャラクターを生み出すクリエイターの活動・発信サービス「CHAREC」をスタート・・・Twitter上にクリエイターのオンラインコミュニティを開設

株式会社東急ハンズが、オリジナルキャラクターを生み出すクリエイター「キャラクリエイター」の活動・発信サービス「CHAREC(キャレク)」を開始しました。

SNSの発展により、自分のアウトプットを手軽に発信することができるようになり、クリエイターの活動場所として様々なサービスが展開されています。

そのような状況のなか、東京ハンズは、言葉の壁を超えて愛される「キャラクター」を、私たちの生活をより楽しくポジティブにしてくれる存在と位置づけ、キャラクターを生み出すクリエイター「キャラクリエイター」にスポットをあてたコンテンツサービスとして「CHAREC」を開始することを決定しました。

「CHAREC」のシンボルである「たまご」は、続々と生まれるキャラクターと、ここ「CHAREC」から解き放つコンテンツを表現しているといいます。

「CHAREC」では、ユーザーがクリエイターの活動をより身近に感じられ、応援できる「オンラインコミュニティ」の開設や、コミュニティ限定のイラスト配信など「キャラクターアイテムの展開」「POP UPイベント」の開催が予定されているとのことです。

コミュニティはクリエイターごとに開設された、入会者のみが閲覧できるTwitter上で展開されます。サービスの第1弾として、サイト内で「キャラクリエイターのオンラインコミュニティ」がスタート。現在、SNSで活躍する5名のキャラクリエイターのオンラインコミュニティへの入会が可能とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事