Kaizen Platform、Webサイトの課題分析から開発・運用まで支援する「KAIZEN サイトリニューアル」を提供開始

株式会社Kaizen Platformは、2021年7月にグループ化した株式会社ディーゼロと共同で、Webサイトの課題分析・リニューアル・新規開発・運用を支援する「KAIZEN サイトリニューアル」の提供を始めます。

「KAIZEN サイトリニューアル」は、Webサイトの課題分析から、リニューアル及び新規開発、そして長期的な事業成長を目指した改善提案までトータルで支援するパッケージサービスです。

サービス提供開始の背景

コロナ禍で非対面・非接触が推奨される中、デジタル上の顧客接点がより重要性を増し、Webサイトの改善やリニューアル等のニーズが急速に拡大。Kaizen Platformは、企業にとってWebサイトはデジタル上の顧客接点のハブとして重要な役割を担っている一方で、デザインやコンテンツを重視するあまり、Webサイトを制作・リニューアルしたものの思ったような効果を得られていないという企業も少なくないと指摘しています。

サービス概要

「KAIZEN サイトリニューアル」は、UX改善ナレッジを生かした分析・課題抽出と、課題を解決するデザイン・クリエイティブ制作により、長期的な運用・改善を見越した体制支援のほか、モバイルファーストへの対応、問い合わせ・SEOを重視したコンテンツ拡充など、業種や目的に合わせたWebサイト構築をサポートするとしています。

また、Webサイトの課題分析に特化し、リニューアルや改善に向けたロードマップを提案する「KAIZEN UX分析」も合わせて提供するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事