Kaizen Platform、動画マーケットのトレンドを解説した「#動画白書2022」を公開

株式会社Kaizen Platformは、動画広告からビジネスシーンでの活用など、動画マーケットを網羅的に解説したホワイトペーパー「#動画白書2022」を無料で公開しました。

「#動画白書2022」Webサイト:https://kaizenplatform.com/douga-hakusho-2022

コロナ禍での非対面・非接触等の社会環境の変化で、動画活用を推進する企業も増加し、今後、5Gの商用化の進行で、動画を取り巻くマーケットはさらに変化していくことが予想されます。一方、同社によると、目的や用途に合わせて動画を制作し、活用するということは難しく、思ったような効果を得られないことで悩む企業も少なくないとのこと。

そこでKaizen Platformは、これからの動画時代に向けて、動画に関わるあらゆる人にとって取り組みを進める一助になることを目指し「#動画白書2022」を公開しました。「#動画白書2022」では、昨今のトレンドや動画広告、ビジネスシーンでの活用など、動画マーケットを60ページ以上に渡って網羅的に解説しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,454フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger