ヤフー、「Yahoo! JAPAN DATA CONFERENCE 2022 ~新たな時代の消費者理解~」を開催・・・新サービス「DS.INSIGHT Persona」の正式発表も

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が、「新たな時代の消費者理解」をテーマとする事業者向けイベント「Yahoo! JAPAN DATA CONFERENCE 2022」(以下、本イベント)を2022年1月18日(火)にオンラインで開催すると発表しました。

Yahoo! JAPANは、2020年に始まったコロナ禍によって人々の価値観が大きく変化する中、商品やサービスの企画開発、官公庁における広聴など、あらゆる場面において「今、どんな物や情報が求められているのか」を、いち早く、より深く理解して業務に臨む必要性が高まっていると分析。このような変化の中でもインターネット検索や人流などのビッグデータは生み出されており、このデータを活用することが、新たな消費者理解につながるといいます。

本イベントでは、「新たな時代の消費者理解」をテーマに、Yahoo! JAPANが中核企業として属するZホールディングスグループ企業のデータ活用のキーマンによるパネルディスカッションを開催するほか、ユーザー企業における活用事例紹介などのプログラムが予定されています。

また、消費者理解のための新サービス「DS.INSIGHT Persona」についても正式に発表される予定です。「DS.INSIGHT Persona」は、性別年代や興味関心などの項目が一致するユーザー群の特徴を分析し、多面的な人物像(ペルソナ)を可視化するサービスです。

「Yahoo! JAPAN DATA CONFERENCE 2022」開催概要
日時:2022年1月18日(火)13:30~17:15
場所:オンライン配信
対象者:テーマに関心のある事業者や官公庁関係者であればどなたでもご参加いただけます
参加費:無料
参加申し込みURL:https://ds.yahoo.co.jp/yjdc/2022/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger