ソニー、オキュラスの牙城を崩せるか

ソニーグループの次世代VR機の名称や仕様が明かされた。「PlayStation(PS)5」向けのヘッドセットで、名は「PS VR2」。ゲーム事業を手掛ける子会社が1月5日に発表した。価格や発売日は別途公表する。

PS4向けの初代PS VRは2016年10月に発売。2019年末までに世界で累計500万台を売り上げた。PS5本体は2020年11月発売後、世界販売台数は昨年9月末時点で累計1,340万台に達する。

XR

ただし、直近のVRヘッドセットの世界シェア首位はメタ傘下のオキュラスだ。2020年10月に「Oculus Quest 2」を発売。オキュラスシリーズは昨年だけで530~680万台を販売したとの推計もある。

牙城を崩せるか占う上でも、PS VR2の価格には要注目だ。初代機は399ドルで発売後、2018年3月に100ドル値下げ。Oculus Quest 2の人気の一因もその安さにある。

世界のXR(VR/ARなどの総称)機器需要は今後、数年で急拡大する見通しだ。だが、足元では半導体不足に伴う供給面の逆風も。ソニーの2022年3月期3Q決算では、首脳陣の関連発言の行方を注視したい。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,457フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger