テレビ朝日、新番組と連動したNFTをOpenSeaで販売開始

株式会社テレビ朝日が、テレビ朝⽇の新番組「お願い!ランキングpresents「そだてれび」」内の企画である「エモエフティー やってみた!」で、NFTマーケットプレイス「OpenSea」における漫画家・⽟越博幸先⽣の書き下ろし作品「shibajyo_01」のNFTアートの販売⽀援を実施したことを発表しました。

デジタルコンテンツのNFT化を促進

テレビ朝日によると、近年、海賊版サイト問題により漫画コンテンツの価値の担保性が不安定化するとともに、デジタルな漫画コンテンツの普及によって希少性といった観点において保有による価値創出も限定的なものに留まっているといいます。

そうした状況の中、「BOYS BE…」「ガチャガチャ」などの名作漫画で知られる漫画家・⽟越博幸先⽣の書き下ろしイラストをNFT化して販売するという本取組は、「時系列データを不可逆な形で保存する技術」であるブロックチェーン技術を利⽤し、デジタルコンテンツの保有者やその履歴を改ざん困難な形で保存、証明することができる新たなビジネスモデルの構築とその普及促進を目的とするものといいます。

OnCyberにおけるNFT展⽰会

本取組で発行・販売されている⽟越博幸先⽣のNFTアートはメタバース空間「OnCyber」の「エモエフティーデジタル美術館」にて展示中。2022年4⽉21⽇20時までの期間で1点限定で販売されます。

販売場所:https://opensea.io/assets/0x30d5407800539a0de9c82d47611f477af047052e/1

今後も様々な漫画家が「エモエフティーやってみた!」の企画に続々参戦する予定とのことです。

オークションに参加するためのメタマスクの開設方法及びETHからwETHへのスワップ⽅法は以下のとおりです。

メタマスクの開設方法:https://note.com/nftstudio/n/n12ce8823e34c

ETHからwETHへのスワップ⽅法:https://note.com/nftstudio/n/n3b6f0acc8609


2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事