HAKUHODO DX_UNITEDとアイレップ、コンサルティングサービス「DATA GEAR for Engagement」の提供を開始

株式会社博報堂、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の3社横断の戦略組織である「HAKUHODO DX_UNITED」と、株式会社アイレップとが、デジタル広告のビジネス成果最適化を実現するコンサルティングサービス「DATA GEAR for Engagement」の提供を開始しました。

新サービス提供の背景

「HAKUHODO DX_UNITED」とアイレップは、共同プロジェクト「DATA GEAR」を組成。「1st Partyデータ活用」における戦略立案・アクションプラン策定・実行時に発生する様々な課題にワンストップで対応しています。

「DATA GEAR」は、これまでもWebサイト行動データおよび顧客ごとの売上/成約データからビジネス成果を予測し、その予測値を活用してデジタル運用型広告を最適化する「DATA GEAR for pLTV」を推進してきました。

一方で、顧客ごとの売上/成約データの活用が難しい企業やサイト上にコンバージョンポイントが存在しない企業からも、デジタル施策の高度化にチャレンジしたいという相談を受けていたといいます。

こうした声に応えるため、今回顧客ごとの売上/成約データとの連携は不要で、低コストかつスピーディに導入可能な「DATA GEAR for Engagement」を開発するに至ったとのことです。

「DATA GEAR for Engagement」とは

ビジネス成果との相関性が高いと見込まれる「エンゲージメント指数」をログデータ(滞在時間、PV数、スクロール率など)から独自ロジックで定義し、コンバージョン価値として広告配信プラットフォームに連携。これによりエンゲージメント指数が高いユーザー獲得を目的として自動入札が最適化されます。この「エンゲージメント指数」は各サイトごとにカスタマイズすることも可能とのことです。

売上/成約データとの連携不要により、幅広い企業のデジタル化が可能に

本サービスの導入により、企業のデジタル広告運用などのマーケティング実行策において、サイト内の商品やサービスに対するエンゲージメント(検討意向・興味関心の度合い)が高い良質なユーザーの集客が可能になり、多くのクライアント企業において、導入メリットが期待できるといいます。

また、顧客ごとの売上/成約データとの連携が不要であるため、サイトに Google アナリティクス 4 (GA4) を実装している企業であれば、低コストかつスピーディーな導入が可能とのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事