DACとアイレップが経営統合、博報堂DYグループのデジタル再編

・博報堂DYグループ、新中期経営計画発表 ・DACとアイレップ、2024年4月統合 ・新会社、デジタルマーケティングに特化

企業 企業戦略

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)と株式会社アイレップは、博報堂DYホールディングスの新たな中期経営計画に従い、2024年4月1日に経営統合すると発表しました。新しい社名は未定。

博報堂DYグループは、2024年度からの中期経営計画において、従来の「広告会社グループ」から「クリエイティビティ・プラットフォーム」への変革を目指しています。生活者を中心に据えたクリエイティビティを活用し、新たな価値を創出することで、未来を形作る企業グループを目指すとしています。この計画の下、6つの事業領域に注力し、ビジネスの拡大と相互連携を図ることで、グループ全体の成長と収益力の強化を進める方針です。

特に、マーケティングビジネスにおいて、デジタルマーケティングの重要性が増しています。市場の成長と共に競争が激化する中、クライアントのニーズに応えるためには、サービスの高度化と体制の強化が急務とされています。新会社は、博報堂DYグループのデジタルマーケティングの核となり、グループ内のナレッジとリソースを集約することで、競争力と生産性の向上、収益力の強化を目指します。

新会社は、DACとアイレップの機能を統合し、博報堂や博報堂DYメディアパートナーズなどのデジタルマーケティングリソースも活用します。統合により、業界随一のデジタルマーケティング事業会社を目指すとしています。2024年4月の統合時点では、お取引窓口や役職員の採用は変わらず、2025年以降に完全な統合を実施する予定です。

新会社の社名は未定ですが、所在地は東京都渋谷区、博報堂DYグループが100%出資する形で設立されます。代表取締役には田中雄三氏と小坂洋人氏が就任し、社員数は約3,000名を見込んでいます。事業内容はデジタルマーケティング全般に関わる企画、コンサルティング、代行事業、投資事業を展開します。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集