【2月27日(月)開催】Media Innovation Seminar#4 メディアは対話型AIをどう活用する?〜その現状と可能性について議論

Media Innovation2月のイベントは「メディアは対話型AIをどう活用する?」として、ChatGPTに代表される対話型AIのメディアにおける活用事例とその可能性について考えてみたいと思います。

2022年11月に公開された対話型AI(AIチャットボット)「ChatGPT」は1週間で100万人、1月には1億人のアクティブユーザーを獲得するという異例の成長スピードでその利用者基盤を拡大しています。TikTokを上回り、歴史上最も高速な成長を遂げる消費者向けサービスとも言われているほどです。

イベントでは基本的なサービス概要を解説しつつ、メディアでの利用例を紹介し、その可能性を中心に話を進めていければと思います。

ChatGPTは、検索エンジンのエコシステムを破壊するとも、クリエイターエコノミーの構造を変えるとも言われ、そしてメディアの役割をも大きく変革する可能性を秘めた技術であるといえます。

欧米で始まったメディアの活用事例など、今分かっていることをまとめながら、ChatGPTなどAIコンテンツ生成の未来とその活用についてみなさまと議論できればと思っています。

Media Innovation Seminar #4 メディアは対話型AIをどう活用する?〜その現状と可能性について議論
・日時 2023年2月27日(月) 20:00~21:30(予定)
・会場 Zoomによるオンラインセミナー ※メールで参加URLをご案内します
・会費 1000円(Media Innovation有料会員は無料)

※本イベントは有料イベントですが、Media Innovation Guildのライト会員、プレミアム会員の皆様には無料で参加いただけます。月額980円からご利用いただけますのでこの機会にぜひご登録ください(詳細)。

登壇者

・堀鉄彦 株式会社コンテンツジャパン 代表取締役
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 日経イベント、日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌編集を経験後、独立し、2018年4月に(株)ブロックチェーンハブに参画。グループ内に(株)コンテンツジャパンを立ち上げる。ブロックチェーン×コンテンツのプロジェクトに取り組む。現在著作権情報メディアの編集長などをやりながら電子出版制作・流通協議会や電子書籍を考える出版社の会など複数のメディア系業界団体でデジタル系サービスの動向レクチャーを定期的に行っています。

・土本学 Media Innovation 編集長

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,472フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

タイ・バンコクのMediator がGDMのメディア事業「ArayZ」を譲受

タイ・バンコクのMediatorは、同じくバンコ...

モデルプレスが「Yahoo!ニュース」へ記事提供を開始

株式会社ネットネイティブが運営する日本最大級の女...

テレビ東京が初任給を10%引き上げ、大卒は28万1600円に

テレビ東京は、初任給を2023年度から10%引き...
堀 鉄彦
堀 鉄彦
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 日経イベント、日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌編集を経験後、独立し、2018年4月に(株)ブロックチェーンハブに参画。グループ内に(株)コンテンツジャパンを立ち上げる。ブロックチェーン×コンテンツのプロジェクトに取り組む。2019年10月にビヨンドブロックチェーン(株)の取締役に就任。電子出版制作・流通協議会や電子書籍を考える出版社の会など複数のメディア系業界団体でデジタル系サービスの動向レクチャーを定期的に行っています

関連記事