CNNなどが報じたところによれば、米国BuzzFeedが従業員の約15%に当たる、約220名をレイオフする準備を進めているとのこと。ニュースを含む複数の部門に影響がありそうです。

同社CEOのJonah Peretti氏は水曜日の午後に内部に向けて送ったメモの中で、過去数ヶ月に渡って続けてきた再編の一貫で、持続的な投資と成長を可能にするための取り組みであるとしました。

Facebookがフィードにおけるパブリッシャーコンテンツの表示を減らしたことにより、Facebookに依存していた多くのパブリッシャーが苦境に陥っており、BuzzFeedもその一つだと考えられます。

Peretti氏はメモでBuzzFeedの事業はこの1年間で2桁成長したとしながらも、「この収益の伸びでも、長期的な成功には十分ではない」と述べたとのこと。

BuzzFeedは、トランプ大統領がロシア疑惑を巡り、モスクワへのトランプタワー建設に関わるロシア側との交渉で、トランプ氏の顧問弁護士だったマイケル・コーエン氏に議会で偽証するよう指示をしたというスクープを報じましたが、これに対してロシア疑惑の捜査を行っているロバート・モラー特別検察官が「正確ではない」と否定。誤報だったと大きな逆風にさらされていました。

DeadlineはPeretti氏のメモ全文を公開しています。