株式会社TBSラジオは、radikoを通じてラジオ番組を聴取する自局リスナーのログデータを生放送スタジオなどに表示し、番組制作に活用できるデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始しました。

IPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」は現在、アプリ総ダウンロード数が約2900万、月間延べ聴取分数46億分を誇るサービスへと成長し、聴取ログデータを毎日取得することが可能になったといいます。

リスナーの動きを可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」は、「PeopleDrivenDMP」をベースに電通が開発したもので、radikoでリスニングされている自局の聴取ログデータを1分単位で可視化し、放送局の生放送スタジオ内に設置されたモニターに表示され、番組制作者はよりリスナーの動きを意識しながら放送をすることができるとしており、精度向上のため3月末まで試験運用し、4月以降本格サービスインを予定しています。

TBSラジオは、「リスナーファインダー」をより聴いてもらえる番組作りへ活かすデータドリブンな放送局を目指すとしています。