fbpx

TBSラジオ、ラジオリスナーをリアルタイムに可視化するデータダッシュボードの運用を開始

株式会社TBSラジオは、radikoを通じてラジオ番組を聴取する自局リスナーのログデータを生放送スタジオなどに表示し、番組制作に活用できるデータダッシュボード「リスナーファインダー」の運用を開始しました。

IPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」は現在、アプリ総ダウンロード数が約2900万、月間延べ聴取分数46億分を誇るサービスへと成長し、聴取ログデータを毎日取得することが可能になったといいます。

リスナーの動きを可視化するデータダッシュボード「リスナーファインダー」は、「PeopleDrivenDMP」をベースに電通が開発したもので、radikoでリスニングされている自局の聴取ログデータを1分単位で可視化し、放送局の生放送スタジオ内に設置されたモニターに表示され、番組制作者はよりリスナーの動きを意識しながら放送をすることができるとしており、精度向上のため3月末まで試験運用し、4月以降本格サービスインを予定しています。

TBSラジオは、「リスナーファインダー」をより聴いてもらえる番組作りへ活かすデータドリブンな放送局を目指すとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事