ソーシャルドッグが10万アカウント突破・・・運営元のAutoScaleは3000万円の資金調達を実施し人材採用と海外展開を加速へ

株式会社AutoScaleがが運営するTwitter運用ツールの「Socialdog(以下、ソーシャルドッグ)」が10万アカウント突破したことが分りました。

socialdog

ソーシャルドッグはTwitterマーケティングにおけるフォロワー管理や分析、投稿予約、自動化機能をサポートし業務を定型化・自動化させる オンラインツールです。

2016年6月のリリース以来、アカウント登録数は右肩上がりに推移し、2018年には5万アカウント、そして今回、リリースから2年半で10万アカウントの達成となります。

さらに、ソーシャルドッグの運営元である株式会社 AutoScaleは、REALITY ACCELERATORを引受先 とする3000万円の第三者割当増資を実施しました。

この資金調達を機会に AutoScaleは機械学習を用いた新規開発と海外発展のための人員強化に努めるとのことです。

AutoScale は2016年7月25日に設立された新しい企業で少数精鋭のエンジニアの会社を目標にソーシャルドッグ以外にもTwitterのIDを入れると仲良しの人やツイート傾向、フォロワー分析を行うツール「whotwi」も提供しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事